議会広報広聴に関する文献

議会広報広聴に関する文献

1960年代から現在まで

浪江虔(1961)『広報革命』良書普及会
浪江虔(1969)『自治体広報の実際』現代ジャーナリズム出版会
片岡純治(1971)『議会広報の考え方 議会記事の書き方』広報出版研究所
本田弘(1974)「広報・広聴と議会」『都市問題』65(12),東京市政調査会
保坂政和(1987)『やさしい「議会だより」』日本教育新聞社
深沢徹(2003)『市町村議会広報の基本と技術』中央文化社
城市創・深沢徹(2013)『市町村議会広報クリニック(上)』中央文化社
城市創・深沢徹(2013)『市町村議会広報クリニック(下)』中央文化社

広報広聴に関連する研修講師をお受けしています

  • 自治体の職員および議員の方を対象にした広報広聴に関する研修を行っています。研修内容および料金についてはこちらをご覧ください。
  • 自治体職員としての実務経験アカデミックな視点をまじえた研修を心がけています。
  • こんなときにお役に立てるかもしれません
    ・新規採用職員や広報課配属職員が広報広聴の基本知識を学ぶ
    ・世論調査の分析をもう少し工夫したい(調査会社に何を要望すればよいのか・・・)
    ・議会だよりをもう少し読みやすくしたい(議会だよりのクリニック)
    ・市民の声の分析方法(テキストマイニング)
    ・ウェブサイトをもう少し使いやすくしたい

Copyright© 広報広聴の研究と職員・議員研修 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.